職場を知る 看護部長の挨拶

職場を知る

Know the workplace
職場を知る
採用エントリー
採用エントリー 病院サイト

看護部長あいさつ

時間をかけて、ゆっくりと、看護師としての自分を成長させてください。

看護部長 山﨑 敦子

ようこそ。医療法人豊旺会 共立病院の
ホームページへ
看護部長の山﨑敦子です。

私たちの病院は大阪市平野区の住宅街にあり、
病院の周囲を取り囲むように住宅、小学校、保育園、スーパーなどと共に生活環境の一つとして地域の中に存在しています。
私のお勧めの場所は各病棟にあるデイルーム。大きな窓の外には志紀山の山並みが眺められ、季節の移り変わりを感じられる場所です。心がちょっと疲れた時、デイルームの窓の外に目をやれば、大自然に映り込む自分の姿にも勇気をもらえる…。そんな場所でもあります。
当院の看護部は「わたくし達は、やさしく・親切・ていねいな看護・ケアを提供します。」
というスローガンを実践するため「相手を大切に思う気持ちを言葉や態度で表現する(伝える)」ということに努めています。(まだまだ至りませんが…。)

看護部理念

  • 医療法人豊旺会 共立病院看護部は、時代背景により変化する人々の医療へのニーズに
    診療報酬制度下で成しうる最良の看護を探求・実践します。

看護部方針

  • わたくし達は、やさしく・親切・
    ていねいな看護・ケアを提供します。
  • 方針の実践にむけて
    「相手を大切に思う気持ちを言葉や態度で表現する」ことに努めています。

当院で働こうと面接に来られる
看護師・介護職の皆様に

当院で働こうと面接に来られる看護師・介護職の皆様に「なぜこの病院を選ばれたのですか?」とお伺いすると、
  • 通勤や家庭と仕事の両立(子育てや介護を含む)がしやすい環境と思った。
  • お休み数が年間120日あり、1日の実労働時間が7時間15分と短い。
  • 近隣の病院と比較すると給与水準も良い方と思う。
  • 時間外の研修が無い。
といった理由を挙げる方が多いです。当院の看護職の皆さんは病院から30分以内の生活圏域に住まいされている方や、子育て中のママさんナースが多くおられることも特徴です。 また地域包括ケアの中心となる、地域のかかりつけ病院として看護部もその役割を果たそうとしています。特に透析センターや、訪問診療・訪問看護・訪問リハビリでは在宅でその人らしく生活を続けるサポート役として日々活動をしております。
皆様よくご存じの「マザーテレサ」の言葉です。
「あなた方は看護(介護)を仕事として選んだので無く、生き方として選んだのだと思いなさい。」私も看護師として間もなく40年近くなるのですが、看護学校を卒業する時に恩師から卒業前の基調講演で語られたこの言葉は今も私の心に刻まれています。
看護という職業は、その方の生き方や価値観、生活習慣が一番出やすい職業であると思います。それは患者様の療養上のお世話という「その人らしさ」に寄り添う仕事であるからかもしれません。
また看護学の祖と言われるナイチンゲールは、“看護覚書”のなかで「すべてを整えること」として、自然が働きかけるように生命力の消耗を最小限とするようにと、水や空気、温度や湿度、静けさなど人間を取り巻く環境の大切さを述べています。
病院に入院するとDrや看護師は必ず患者様の傍に居る、そういう意味では環境の一つとなっています。患者さまの人生に訪れた入院生活により良い環境を提供できるよう、専門職としてのあなたの生き方をこの病院で表現してみませんか。
あなたが自分や家族を大切に思うように、患者様に大切に思う気持ちをやさしい言葉かけや身だしなみ、行動に現して伝えられる自分になりませんか。
私たちの目指す「やさしく、親切、ていねいな看護・ケアを提供するチーム」の一員として
是非加わって下さい。お待ちしております。