診療科・部門のご案内

糖尿病内科

2型糖尿病は新しい薬剤の開発と進歩により、合併症の進行を抑制することが、可能になっています。
現在の日本では、高齢化社会に伴い、高齢者の増加と同時にスナック菓子やファーストフードによる若年者の肥満も問題となっています。
適正な食事療法や運動療法による生活習慣の改善は治療の柱ですが、ご高齢の無理な食事制限はかえって身体能力の虚弱化を引き起こし、自立された生活活動の低下を招く要因となるため、お一人、お一人のご年齢、身体活動、生活環境に応じた適切な治療と丁寧な指導が必要となります。
当院では看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士らとチーム医療を推進し、個別の目標を設定し達成することにより、活力のある生活と人生を楽しくすごされるように適正な治療方針に取り組んでいます。
また、糖尿病性腎症は糖尿病の合併症で早期に発見し、適切な治療することが重要です。
現在は、糖尿病性腎症が原因で透析を受けることになった人が、全透析患者様のうちの最も多い割合を占めています。当院では万が一透析となった場合は、透析センターと連携し治療を行っています。

外来担当医表

時間帯
午前 - - - 高橋 - -

医師紹介

  • 高橋 達治
    高橋 達治
    専門分野 糖尿病、代謝分泌、人工透析内科、腎臓内科、膠原病リウマチ
    所属学会(資格) 日本内科学会(認定内科医 総合内科専門医)

    日本糖尿病学会(専門医 研修指導医)

    日本内分泌学会(専門医)

    日本透析医学会

    日本医師会認定産業医
高橋 達治

休診代診

  • 休診・代診情報はありません。
看護部採用サイト
PAGETOP